住宅ローンが通らない 住宅ローンが通らない理由

住宅ローンが通らない方必見。その原因と解決法

住宅ローンが通らない原因とは

大きく分けると一撃でダメなものと組み合わせでダメになるものがあります。

審査に落ちる原因(一発NG)

・異動の記載がある(ブラックリスト)

異動の記載があるとまず通りません。具体的にはカードの支払いの延滞やその他ローン契約など、支払いを遅滞させてしまった履歴です。

こちらの履歴は5年で抹消されますので、それまでは頭金をためたり期間に充てるとよいでしょう。

※異動の記載があるかどうかは下記、信用情報の確認方法をご確認ください。

信用情報の確認方法

・CIC

主にクレジットカードの会社が共同出資した信用情報機関。公的機関ではなく民間機関。賃金法という法律に基づく「指定信用情報機関」として、日本で唯一指定されています。

クレジットカード会社だけでなく、携帯電話会社や日本政策金融公庫なども加入しています。

情報の問い合わせは下記から可能です。

https://www.cic.co.jp/mydata/index.html

・JICC(日本信用情報機構)

消費者金融系の金融機関が集まってできた組織。加入業者は1000社近くあり、消費者金融業者以外にも、ネット系の金融機関が加入している。

CICとの大きな違いは、CICは異動の記載が5年間残りますが、JICCは1年間で消滅します。ただ、結局CICとJICCもつながっていますので、CICの履歴を帳消しにはできません。

下記より問い合わせが可能です。

https://www.jicc.co.jp/kaiji/

審査に落ちる原因(複合NG)

大きく分けると3つです。

・収入

借り入れる額に対して収入があまりにも低いとローンは通りません。具体的には、収入の5〰7倍程度が目安となります。それよりも多く借りられる場合もありますが、住宅ローンにおいて大切なのは借りられるかどうかよりも、安定して返済ができるかどうかなので、支払いの安定性を考えるとそれ以上の借り入れはあまりおすすめできません。

・健康面

ローンは長期的なもののため、健康面で支払いが遅滞しそうな場合は断られるケースがあります。具体的には、住宅ローン加入時には、基本的に「団体信用生命保険」という、住宅ローン契約者に何かあった場合に、ローンの残債がすべて保険会社より支払われる生命保険に加入するのですが、こちらへ加入ができないと住宅ローン契約が難しくなります。万一こちらに加入が難しい場合は、「フラット35」など団体信用生命保険への加入が義務付けられていない住宅ローンを検討する必要があります。ただ、フラット35は、団体信用生命保険へ加入しない分、住宅ローンご契約者に何かあった場合でも住宅ローンの支払いは続くことに注意が必要です。

・職業

職種、というよりは勤務歴や勤務先など長期にわたって支払いができるかどうかをチェックされます。転職して間もない時にローンが通りにくいのは、その月収が長期にわたり担保されたものではないからです。ただ一部例外もあり、同業種内で給与が上がるなど、キャリアアップとみなされる場合や、士業や公務員など、高収入や支払いの安定性が高いとされる職種の場合です。勤務先については、財務体質を大まかに確認され、安定して給与が支払われるかが焦点となります。

 

ローンの通る確率を上げる方法

住宅ローンは万一落ちてしまうと住宅不通過の履歴も「個人信用情報」と呼ばれる金融機関が住宅ローン審査時に利用するデータベースに残ってしまうため、できることは行って、安心して通したいですよね。こちらでは、ローンの通過確率を向上させる方法をお伝えいたします。

・現在のローンを完済する

現在組んでいるオートローンやショッピングローンがある方は可能な限り完済しましょう。

というのも、ローンの額は貸してもらえるローンから差っ引かれてしまうため、借りられる額に影響が出るだけでなく、お金にだらしないと見られてしまい、ローンの通過率にも影響が出ます。また、金利に関しても住宅ローンは最も低金利な借金の一つのため、多少無理をしてでもその他のローンの支払を優先させることが、今後の無駄な出費を抑えることに繋がります。そもそも、借金は大きな額から先に借り入れをすることが基本です。住宅ローン契約前には自動車のローンなどはできる限り避けましょう。

・クレジットカードの契約枚数を必要最低限とする

クレジットカードもキャッシング枠があり、お金を借りる権利となりえます。すなわち、他からもキャッシングしてしまい、支払いに影響を及ぼすリスクとして考えられてしまい、ローンの判断に影響が出る可能性があります。必要最低限の枚数としておくことで、いらぬリスクを減らすことができます。また、クレジットカードの複数保有はポイントの有効活用など明確な目的がない限りは、浪費に繋がります。有名な著書で言うところの「金持ち父さん」になるためにも、

・ローンの契約金額を減らす

頭金を用意したり、そもそもの購入物件の金額を下げたりすることで、ローンの契約金額を減らすことも有効です。支払いに対して余裕がある方が貸し倒れになるリスクが低いとみなされます。ローンは年収の7倍程度まで借りられるのが一般的ですが、あまりにもギリギリのローン額だと通らない可能性が高まります。また、繰り返しになりますが、住宅ローンは返せること、がポイントです。ギリギリの借り入れは返済が苦しくなったり、場合によっては幸せになるはずの物件購入が逆の方向へ人生をコントロールしてしまうことさえあります。借りられる額いっぱいを借りることはよく検討しましょう。

住宅ローン審査の種類と対策まとめ

・仮審査(事前審査)

支払いを遅滞しない

当然ですが、クレジットカードの支払や携帯電話の月賦払いなどの信用払いに関しては、住宅ローンを貸し出す金融機関にとって重要な審査項目です。よって、これまでに支払いの遅滞(特に2ヶ月以上の悪質なもの)があると、住宅ローンの審査はかなり厳しいものになります。既に起こってしまっている場合はすぐにはどうにもなりませんが、信用払いの返済には慎重になりましょう。あくまで借金、と認識することが大切です。

キャッシング枠を減らす

クレジットカードの枚数を減らすことにも繋がりますが、キャッシング枠の金額をへらすことも重要です。簡単に利用できてしまうキャッシング枠ですが、こちらも金融機関から見れば、住宅ローン貸し出し後に安易に利用されれば、住宅ローンの返済を圧迫しかねません。クレジットカードを定期的に利用し、その返済に問題がなければ自動的にカード会社によって増やされてしまうことも多いため、注意が必要です。

収入を安定させる

こちらはやろうと思ってすぐできることではありませんが、雇用形態が不安定な非正規雇用等の場合は、万一の解雇などが金融機関の目にはリスクに映ります。

転職直後は期間を空ける

あまりないケースかも知れませんが、住宅ローン契約前後で転職をお考えの場合は、くれぐれも契約前には実行を避けてください。これまでもご説明した様に、転職は、職種や勤務先、勤続年数など、住宅ローン審査において非常に重要な事項へ大きな影響を及ぼすため、住宅ローン契約前に転職してしまった場合は、良くて審査のやり直し、場合によってはそれが理由で審査に落ちてしまうため、注意が必要です。

ローン額を極力減らす

住宅ローン契約において重要な審査項目の一つに返済能力があります。というよりも住宅ローンの審査は職業やこれまでの借金などを見て、その返済能力をチェックしていると考えて間違いありません。そのくらい、貸し出した住宅ローンを遅滞なく回収することは、金融機関にとって大切です。よって、住宅ローン借り入れ前に借金があると、その返済額は貸し出し額からマイナスされることはもちろんですが、借金の内容や借り入れ先によっては、それで住宅ローンが通らないこともあります。特に消費者金融からの借り入れなどは高金利ということもあり、それだけ金策に苦慮しないといけないほど浪費癖があったりすると捉えられ、マイナスに映ることが多いです。

・本審査

購入物件の担保価値が高い物件の購入

担保できる価値が低ければもちろんローンとして組める金額も減ります。

ご自分の将来のためにも資産価値の保たれやすい物件、エリアでの購入をご検討下さい。

事前審査と異なる申告をしない

当然のことですが、収入や職業の申告などを事前審査時と一致させます。

大前提、事前審査においても金融機関はそれらをある程度評価して通過させているので、しっかり信じてずれのない申告をしましょう。

転職などローンに大きな影響を与える行動をとらない

こちらも年収というローンを組む上での前提が大きく変わってしまうことなので避けましょう。

貸す立場に立つとわかりやすいですが、大きな判断(ローン締結)の前に前提を覆してしまうことは信用につながります。

住宅ローンに通らないケースまとめ

・信用情報に問題がある

これまでにクレジットカードの支払い遅滞などで信用情報に異動の文字がある(待つしかありません・・・)

・クレジットカード保有枚数やローンの残額が多すぎる

必要最低限とすることで金融機関の心証をよくしましょう。

・定期的な収入がない状態

雇用形態の見直すことやフラット35の検討など、借りやすい状態をつくりましょう。

 

番外編、旦那がブラック。奥様のみでローンは組めるのか

基本的には難しいです。理由としては、奥様がローンを組む際でも夫婦としての信用情報を問われるので、旦那様の信用情報ももちろんチェックされます。

その際に異動の記載がある場合、やはり審査は通りづらくなります。ただ、フラット35に関しては例外で奥様だけでも審査が可能です。

試してみる価値はあるでしょう。

 

ローンを組む際に検討した方がよい事項

・金利

金利は重要です。固定金利、変動金利ともに1%を切っている現代ですが、金融機関によってローン手数料や金利は異なってきます。長い期間の付き合いとなりますので、よく考えて選びましょう。

・対象物件

ローンをどの物件で組むかによって、担保できる価値が異なるため、借りられる額や可能性に影響が出ます。

・借入期間

どの程度の期間借り入れるかによって資金計画も変わってきます。これからのライフプランと照らし合わせ、よく検討しましょう。

・現在の借り入れ

現在借り入れがある場合は、新たにローンを組める額に影響が出ます。整理できる分は整理することで金利の低い住宅ローンにあてられるため、可能な限り減らしておくのが吉です。

住宅ローンに落ちてしまう理由まとめ

住宅ローンに落ちてしまう理由はいくつかありますが、まずは個人信用情報の確認をし、落ちるべくして落ちることがない様にしましょう。基本的には借金の返済遅滞などがなければどうにもならないケースは少ないため、対策をすることができます。

その上で、借金を減らしたり、担保能力の高い物件を探したりし、金融機関の立場で不安を払拭する様にしていけば必ず住宅ローン審査に通過できるはずです。頑張りましょう。

-住宅ローンが通らない, 住宅ローンが通らない理由
-, , , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5