住宅ローンが通らない 個人信用情報(CIC、JICC)

個人信用情報機関(JICC、CIC、KSC)とは?住宅ローンとの関係

個人信用情報機関についてご説明します。

住宅ローンを検討していると、よく見る個人信用情報機関とは一体何でしょうか。簡単にご説明いたします。

個人信用情報機関は大きく分けて2つある

大きく分けると下記の2つになります。CICとJICCそれぞれ説明していきます。(2つの信用情報機関どちらにも加入している金融機関もあります)

・JICC

消費者金融機関(アコムやプロミスなど)や銀行(メガバンク以外の地方銀行など)を中心にして作られた信用情報機関です。CICと比べて信用情報の保持期間が短いのが特徴で、CICでは5年間ですが、JICCでは1年間となっています。信用情報の保有期間延滞は、下記の通りです。
・延滞
解消から1年
・自己破産・個人再生・任意整理
5年
・ローンやカード契約などの申し込み
6ヶ月
・契約・借入・返済
5年

・CIC

こちらは株式会社シー・アイ・シーといいます。下記同社サイト上の説明の通り、一言でいうと、クレジットカード会社各社が共同で出資して運営する、クレジットカードの使用履歴情報を管理する組織です。よって、こちらに問い合わせれば、過去のクレジットカードの使用履歴が、延滞や支払いできていない分も含めすべてわかります。この組織があるおかげで、金融機関各社はローン申請者の信用情報を参照することができ、迅速なローン契約の判断ができるのです。以下CIC公式サイトより抜粋。(https://www.cic.co.jp/cic/index.html)
>>株式会社シー・アイ・シーは、クレジット会社の共同出資により、昭和59年に設立された、主に割賦販売や消費者ローン等のクレジット事業を営む企業を会員とする信用情報機関です。また、CICは、割賦販売法および貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定を受けた唯一の指定信用情報機関です。
信用情報の保有期間は下記の通りです。
・延滞
延滞解消から5年
・自己破産
5年
・ローンやカード契約などの申し込み
6ヶ月
・契約・借入・返済
5年

信用情報の開示方法

大きく分けて3つあります。
・窓口で開示する
直接各企業の窓口へ出向き、開示依頼します。手数料がその他2つに比べて安い場合もありますが、手間がかかるだけではなく、おすすめできません。
・郵送で開示する
郵送で開示を依頼する方法です。窓口へ行くよりは楽ですが、時間と手間がかかり、あまりお勧めできません、
・インターネットで開示する
インターネットで開示依頼をします。ウェブサイトから簡単にできるため、一番おすすめです。

どんな場合に信用情報は開示した方がよい

・住宅ローンに通らなかった場合

住宅ローンに落ちてしまった場合、収入に対してよほど無理のあるローンや、購入予定物件などの価値があまりに低い場合以外は、信用情報に問題があると思ってほぼ間違いありません。ただ、いつ問題が起こったのか、いつまで待てば住宅ローンに申し込めるかがわからないため、CICやJICCに開示依頼をして、情報を把握しましょう。

・住宅ローンに通るか不安な場合

住宅ローンに落ちてしまった後では、その後のローン申請も不利になってしまいます。万一支払いに不安がある場合は、あらかじめ信用情報機関から情報を取得しておくことで、待つべきなのか、申請しても問題ないのか判断が可能です。

・住宅ローンに申し込む前

仮にご自分の信用情報に自信がある場合でも、信用払いは携帯の契約やクレジットカードの分割払い、税金の支払いなど多岐に渡るため、念のため情報開示依頼をしておくというのは非常に有効です。万一信用情報に傷がついたまま、ローン申請をしてしまうと不要なローン不承認の履歴が残ってしまい、その後のローン契約に不利になったりします。金額も500円~1000円と決して高くないため、万全を期しましょう。

信用情報とは

商品やサービスを購入する際、手持ちの現金以外の支払い手段として、ローンやクレジットを利用し、支払いをすることがあります。
ローンやクレジットは、消費者(お客さま)から見ると、実際の支払いは商品等の購入の後で行う後払いであり、支払いを行うお客さまの「信用力」が必要となります。そして、お客さまの「信用取引」に関する(過去から現在までの)取引事実を客観的に表した情報が「信用情報」です。
※思想・信条・趣味などのセンシティブ(機微)な個人情報は、信用情報に含まれません。信用情報には、クレジットやローンなどを利用した際の契約内容や返済・支払状況(期日どおりに返済・支払したかなどの利用実績)、利用残高などに関する情報があります。
お客さまが新たにクレジットやローンなどの利用を希望する際、クレジット会社やローン会社などがお客さまの「信用力」の判断要素となる情報として確認しています。

信用力はどの様に判断される

ローン会社やクレジット会社がお客さまの「信用力」をどのように判断しているか、お客さまがクレジットカードを利用して買い物した際を例に説明します。
クレジットカードを利用して商品やサービスを購入した時点では、お客さまはお金を借りている状態です。
借りたお金を返済期日までに正常に返済できていれば「信用力」は高くなりますが、返済期日までに返済できていない場合、「信用力」は低くなります。

-住宅ローンが通らない, 個人信用情報(CIC、JICC)
-, , , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5