Uncategorized 住宅ローンと10年固定金利 住宅ローンと金利

10年固定金利は後悔が多い?賢く住宅ローンを利用しよう

住宅ローンの金利には変動と固定があります。
これから住宅ローンをお考えのあなたへ、今回は比較的ポピュラーな10年固定金利について選定のポイントやリスクについてご説明いたします。


ちなみに変動金利には、半年に1回適用金利の見直しがあるタイプと当初の一定期間のみ固定金利が適用される固定金利期間選択タイプがあります。
また、固定金利には、2年、5年、10年といった機関があります。

・10年固定金利の住宅ローンの仕組み

契約後、10年間は金利が固定され、10年経過の時点で、再度固定金利を選ぶのか、変動金利へ変更するのか決断を迫られます。

・10年固定金利で後悔している例

10年固定金利に関しては、金利相場の変動が激しく、金利が大きく上昇するリスクのある局面においては、10年間、契約時の金利で固定となるため、非常に心強いです。
ただ、一方で現在の様に超低金利で、かつ金利上昇のリスクがあまり高くない場合は、むしろデメリットが多くなります。
具体的には、変動金利にしておいた方が、契約時の金利変動のリスクがあるため低金利なことと、万一さらに金利が下がる場合に固定金利の場合はそのメリットが享受できないためです。

・10年固定金利は更新のタイミングに注意

契約時に変動金利と比較すると高金利となってしまうものの、景気変動による大幅な金利上昇のリスクを削減できる10年固定金利ですが、注意点もあります。
それは、住宅ローンを組んでから10年が経過するタイミングでの金利プランの更新時です。
基本的に、10年固定金利で申し込んだ場合でも、更新のタイミングに改めて固定金利での更新の申告をしないと、変動金利に変更となってしまう場合があります。
その場合、契約更新時の金利においては大幅に金利が上昇している場合もありますので、更新のタイミングにおいては、金融機関からの通知に気を配るなど、注意が必要です。

・10年固定金利で後悔するケース

ー金融機関の言いなりになってしまい、自分で判断をしなかった

金融機関の担当者はもちろん親身にあなたのことについて考えてくれますが、利害関係は不一致なことに注意が必要です。
具体的には、金利について固定か変動か、また、固定の場合はその期間について、ご自身でよく考えないと不利な条件となってしまう可能性も十分にあります。
変動金利、固定金利ともにメリット・デメリットはありますが、必要に応じてファイナンシャルプランナーと相談するなど、納得の行く意思決定を行ってください。

ー変動金利、固定金利それぞれのメリット・デメリットを理解できないまま選定をした

結論から言いますと、固定金利だから良い悪いなどは一概に言うことはできません。なぜならば、固定金利にすることは金利変動のリスクに対する保険料を支払うことであり、変動金利はその逆であるためです。要は不確実な未来に対するリスクをどの様に考えるかによって、判断は異なるということです。そのため、それぞれに対して理解が浅いまま、なんとなく選んでしまった場合、ご自身の納得度が低いため、後悔することが多いのです。
未来のことは誰にもわかりません。それ故に固定金利、変動金利についてよく考え、ご自分なりに納得して選択することが大切です。

・10年固定金利に対する結論

10年固定金利だから後悔しやすい、ということは正直なところありません。長期固定となるからこそ、よく考えて選択することで、仮に金利が想定と逆方向に進んだとしても納得をすることができます。そのためにも、固定金利や変動金利、また固定金利の期間などについてもよく考えたり、必要に応じて第三者のアドバイスを聞き、よく理解した上で選択しましょう。それにより後悔は最小限にすることができます。

-Uncategorized, 住宅ローンと10年固定金利, 住宅ローンと金利
-, ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5