住宅ローンが組めない・不安 配偶者がブラックリスト

夫がブラックで住宅ローン不可。妻名義でのフラット35を検討しよう。

晴れて住宅の購入。一般的には旦那様が申し込みを行って、住宅ローンを利用する方が多いと思います。
ただ、万一旦那様に多額の借金やクレジットカードなどの長期返済遅滞などがあり、金融機関からブラックリスト登録されていたらどうでしょうか。
そのまま旦那様が住宅ローンに申し込んだとしても、無事住宅ローンが契約できる可能性は極めて低いと言わざるを得ません。
今回は、そういった旦那様が住宅ローンに申し込めない場合に、比較的審査が柔軟とされる、「フラット35」という住宅ローンへ奥様名義で申し込みを行うことについて解説いたします。

・フラット35であれば奥様の申し込みで問題ありません。

フラット35以外の住宅ローンに関しては、夫婦であれば旦那様が申し込み者となり、契約を行います。
ほとんどの金融機関では夫婦である場合に奥様の申し込みとなった場合、旦那様のブラックリストや借金を疑われ、まず住宅ローンに通ることはありません。
万一審査まで進んだとしても、夫婦はセットと考えられているため、旦那様の借金の有無や金額、ブラックリストなどの「個人信用情報」を金融機関は間違いなく調べるため、審査に落ちてしまう可能性が非常に高いです。フラット35では、住宅金融支援機構という政府系の金融機関が運営しているため、基本的には柔軟に審査も対応が可能で、奥様の申し込みでも問題はありません。

・団体信用生命保険が妻名義なのに注意

基本的に住宅ローンを契約する場合、「団体信用生命保険」という契約者に万一の事があった場合に、住宅ローンの返済が免除される生命保険に加入することとなるのですが、こちらが当然奥様の契約となりますので、万一旦那様になにかあった場合でも、奥様単独での返済がそのまま続いていくことに注意が必要です。

・フラット35は、親子リレー返済で住宅ローン借り入れ額の増額も可能

通常のローンでは扱いがありませんが、フラット35の場合には、奥様お一人での収入では住宅ローンの金額が満足のいく額とならない場合、「親子リレー返済」という方法もあり、ご両親の年金収入と収入を合算し、借り入れ額を増やすということも可能です。また、連帯債務となるため、住宅ローンの残高の1%相当を所得税と住民税の一部から控除できる、「住宅ローン控除」を利用できるメリットもあります。

・フラット35は奥様の産休中でも申込みが可能

フラット35に限り、奥様が産休中の場合でも、復職を証明できるものを会社から入手することができれば住宅ローンの申し込みが可能です。
ただ、注意点もあり、奥様の産休中に住宅ローン返済に充てる自己資金の証明や給与明細などが必要になる場合もあります。

・番外編。フラット35以外でも奥様で申し込みが問題のないケース

りそな銀行や三井住友銀行などの一部金融機関において、奥様の申し込みかつ、旦那様の連帯保証なしでも問題のないケースがあります。
それは、奥様の「属性」が強い場合です。属性とは収入、勤務先や職業、借り入れなどの状況のことですが、この場合では、職業が看護師、士業など、収入の金額や安定性などが比較的高いことを指します。
その場合に限り、旦那様ではなく、奥様の方が住宅ローンにおいて好条件になる場合も少なくなく、金融機関も旦那様の申し込みでないことや、旦那様が保証人にならないことを疑問に思わないこともあります。
旦那様が保証人でない限りは、当然借金やブラックリストの事実があったとしてもその情報は照会されることはなく、住宅ローン審査において問題になることはありません。

-住宅ローンが組めない・不安, 配偶者がブラックリスト
-, , , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5