配偶者がブラックリスト

住宅ローン審査に妻の借金は影響する?解決策は?

待ちに待った住宅購入。ローンの利用を考える方が多いと思います。
ただ、住宅ローンは誰にでも使えるものではなく、一定の審査があります。
その中には申し込み者の審査(基本的には旦那様)があることは知られていますが、万一奥様に借金など、審査にマイナス影響を及ぼすことがあった場合はどうなるのでしょうか。
以下にて説明していきたいと思います。

・住宅ローンで審査される項目

 

年収
勤続年数
勤務先
家族構成
今の住宅形態
現在の年齢
住宅ローン完済時の年齢(予定)
住宅の担保価値
頭金の額
現在の借金総額、借入先

金融機関は返済の堅実性を非常に重視しますので、年収や勤務先などは言わずもがなですが、同時に現在の借金の額にも、これからさらに住宅ローンという借金が増える訳ですから注視します。
よって、現在の借り入れ額はもちろんのこと、借入先においても一般に高金利とされる消費者金融やカードローンなどがあると、返済の負担となるだけではなく、そこまでしてお金を工面しないとならない事情などがあり、お金にだらしない一面があるなどと見られ、ローンに悪影響をもたらすケースがあります。良い機会ですので、話しづらいとは思いますが、夫婦で一度お互いの借金(クレジットカードの分割も借金です)について話し合い、できる限り住宅ローン申し込み前に完済を目指しましょう。ここは親戚などの力を借りてでもクリアすべき項目です。

・収入合算やペアローン以外は基本的には問題がない

安心してください。旦那様単独でのローン申し込みの場合は、奥様が仮にブラックリストだったり、借金がある場合でも問題はありません。
なぜならば、あくまでも債務を負うのは旦那様であり、旦那様に支払い能力がしっかりあれば金融機関は住宅ローンを通してくれます。
住宅ローンの申し込み時には、事前審査と本審査という二段階の審査がありますが、まず事前審査において「同居家族」という項目があり、
こちらにはもちろん奥様のことを記載するのですが、こちらの目的はあくまでも家族構成を知ることであり、奥様に対して与信の調査が行われるということはありません。

・奥様の与信情報は金融機関には基本的には開示されない

住宅ローンの審査では、個人の借入の状況やその借入の返済状況、過去の延滞履歴など、審査に影響するような個人の信用情報を確認するには、個人信用情報の開示に「同意」がないと情報にアクセスできません。
こちらに同意しない限りは金融機関といえど、奥様の信用情報を見ることはできず、仮にブラックリスト入りや借金があったとしても知られることはなく、よって、審査に影響することもないのです。

・収入合算住宅ローンの場合

収入合算でローンを組む際には、奥様の借金などは当然影響します。
上記でご説明した通り、住宅ローンの審査は債務者に対して行われます。収入合算ということは、債務は夫婦であるお二人にあり、それぞれの信用情報を金融機関も参照する必要があるため、
これまでの借金や返済の遅滞(基本的には2ヶ月以上)といった個人信用情報にもアクセスされ、結果として住宅ローンの借り入れは難しくなるケースが多いです。
仮に借金のみで、返済の遅れなどがない場合は、住宅ローンを組むこと自体はできることが少なくないのですが、借金がある場合はその額は住宅ローンで借りられる額からマイナスされるので、仮に月の返済が5万円の借金があるとすると、本来夫婦合わせて10万円借りられるところが5万円となってしまい、旦那様お一人で借りるよりも条件が悪くなってしまう場合も少なくないため、事前に夫婦間でよく話し合い、場合によっては、先に奥様の借金を返済することが必要になります。(住宅ローン契約において多くの場合で、よほど多額でない限りは借金は先に返済しておくことがベターです)
また、借金であれば上記の様に審査自体は進むこともあるのですが、万一奥様が長期の返済遅滞などで、ブラックリスト入りしてしまっている場合は、審査そのものが通らないだけではなく、旦那様単独の審査に途中から切り替えるといったことも難しくなってしまうので、注意が必要です。ちなみに、先に述べた信用情報にはローン審査の履歴も当然残るため、万一ローンに落ちてしまった場合は、それも記録され、次回のローン審査に悪影響をもたらすことも少なくありません。慎重に進めていきましょう。

・ペアローンの場合

ペアローンの場合も上記と同様に、夫婦それぞれの審査が必要となってくるため、借金があればその分借り入れ額は少なくなりますし、万一ブラックリストであれば基本的に最後に遅滞を起こしてから数年間は通りません。

・夫に借金のことを知られたくない場合は

必ず不動産会社に事前に相談しましょう。あなたにも発生していることは他の方にも同じ様に起こっていることが多いです。数多の住宅ローンに対応してきた不動産会社であれば、解決方法がある場合もありますし、一人で悩むよりは心強いはずです。

・こんな気づかない借金、遅滞履歴(ブラックリスト)に注意

現代において当たり前の様なしくみとなったおり、知らずしらずの内に借金を追っていることは少なくありません。住宅ローン審査に落ちてからでは遅いので下記について確認しておきましょう。

オートローン

言わずとしれた車のローンですね。ローンして購入するパターンが多いですが、立派な借金です。

携帯電話やWi-Fi端末などの月賦払い

こちらも様々なプランなどでお得度などから選ぶ方も少なくないと思いますが、借金となります。

クレジットカードの分割払い

名前に騙されてしまいそうですが、こちらもこれまでの信用情報(しっかり借りたお金を返せているか)を基に先に商品などを手に入れて月々支払う借金です。

クレジットカードのリボ払い

こちらももちろん借金です。特に高金利であったり、カード入会時に自動で設定されているケースもあるため特に注意しましょう。

月々の公共料金や住民税などの支払

こちらは借金ではありませんが、支払い遅滞があった場合は金融機関が参照する個人信用情報に記録されます。

 

・住宅ローンと妻の借金について結論

基本的に夫が契約する住宅ローンには問題がありません。その場合の審査には妻の借金などを調べる必要がないからです。ただ、収入合算ローンや夫婦それぞれで住宅ローンを組むペアローン等の場合は、当然妻も契約者となるため、審査が必要で借金も審査結果に影響します。

-配偶者がブラックリスト
-, , , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5