Uncategorized 住宅ローンの相談

住宅ローンを検討中!相談はどこで行う?必要なものはこれ!

住宅ローンを検討中のあなたへ。
住宅購入というのは、人生にそう多くはない機会のため、まずは専門家に相談したい。という方も少なくないと思います。
そこで今回は住宅ローンを検討する際に、どこに相談したらいいのか、相談の際に必要なものは何なのか、また、どのタイミングで相談すべきか、などをご説明したいと思います。

・住宅ローンの相談は購入物件が見つかる前にするべき

住宅ローンの相談は、欲しい物件が見つかる前にすべきです。理由は簡単で、物件の申し込み(購入予約)は基本的には、住宅ローンの「仮審査」が通った順に行われます。
よって、欲しい物件が決まってから相談を行っても、すぐに審査を進めないとならないため、満足な結果は得にくくなります。

・住宅ローンはどこに相談すべき?

ー金融機関で住宅ローン相談

金融機関は直接あなたへ住宅ローンを貸し出す側ですので、具体的な商品(住宅ローン)についての相談をすることができます。
具体的にはどんな商品があるのか、ご自分のライフプランにはどの商品があっているのか、また、購入予定金額に対してどういったローンが考えられるかなど、商品提供者側からの詳細なアドバイスを求めることができます。
また、住宅ローンの仕組みやどういった事例があるかなども豊富な事例を元に解説してもらうことが可能です。

ーファイナンシャルプランナーなど金融の専門家へ住宅ローン相談

基本的には住宅契約においては第三者となるファイナンシャルプランナーなどは、フラットな立場からのアドバイスを求めることができます。具体的には現在の資産状況や今後のライフプランを共有し、どの程度の金額の物件がおすすめなのか、今後どういった資金計画が必要になってくるのかなど、住宅購入や住宅ローンを入り口として、今後のライフプランの大枠や金融ポートフォリオについて広く意見をもらえます。特に無理なく返済できる金額というのは非常に大切で、住宅ローンが組めるからといって返済能力ギリギリの物件を購入したりすると、その後の出産や転職などといったライフプランに影響を及ぼしてしまう可能性があります。この時のポイントとしては、仮に貯金が少なかったり、借金があるからといって決して曖昧な情報共有をせずに、正直に現状について話すことです。専門家のアドバイスを求められる時点で、資産に対する意識は高いと考えられますので、前向きにどうしたらよいかを専門家と考えましょう。

ー不動産会社で住宅ローン相談

基本的に仲介に入ってもらうことになる不動産会社にアドバイスを求めることも、経験や実績の面から非常に有用と言えます。特に住宅ローンに関して言えば、金融機関から良い条件を引き出すための強い味方となりますし、一緒に戦略を考えていくパートナーともなりますので、専門家へアドバイスを求める際と同じく、恥ずかしがったり変なプライドを持たずに、現在のポートフォリオや資金計画、今後のライフプランについて正直に話しましょう。不動産会社には当然多くのお客さんがいて、事例なども様々なものを経験しています。かならずご自分に近いものや同じ状況の方はいらっしゃるので、前向きに捉えやすかったり、より有利な条件で住宅購入を進めるための強い武器となるはずです。その不動産会社で購入するかどうかは最後物件が見つかった際に決めれば良いことですので、まずは相手を信じて、現状に対するアドバイスを獲得しましょう。

・住宅ローン相談の際に必要なもの、情報

大きく分けると、
ー現在の収入がわかる源泉徴収票など
ー現在の借金がわかる借り入れ明細など
ー今後の購入物件がわかる資料やパンフレットなど
が必要なものですが、何も物理的な資料がなかったとしても、ご自分で把握しているのであれば問題はありません。無論、審査の際には上記や追加の書類が必要になるケースもありますが、あくまでも借入額や購入に適した物件の額などを知る意味では、そこまで用意する必要はありません。ただ、申告額や事実にずれがあると、適切なアドバイスを難しくなるため、もし不安があれば、「個人信用情報」を確認し、把握しておきましょう。

・相談の際の注意点

金融機関にも専門家にも言えることですが、今後住宅購入や住宅ローンを考えている以上、相談した相手はこれからもお世話になる可能性が高かったり、場合によっては住宅購入のパートナーとなることが十分考えられます。お客だからといって、横柄な態度を取ったり、約束をすっぽかすなど、敬意の足りない行動を取って、ご自分を不利な立場にしない様に気をつけましょう。住宅購入は人生の中でもあまり多くない機会であり、住宅ローン、物件選定、物件契約など多数の専門家の協力の元、初めて実行が可能です。せっかくの縁を大切に、慎重に行動しましょう。

・住宅ローンの相談のタイミング、相談相手に対する結論

相談相手は大きく分けると、金融機関、ファイナンシャルプランナー、不動産会社の3者います。それぞれ強みやアドバイスできる領域が異なるため、必要に応じて使い分けましょう。また、購入直前のアドバイスは活かしづらかったり、手遅れになるケースもあるので、住宅ローン利用を考えたタイミングで相談をしましょう。また、相談の際は背伸びせず、現状を伝え、適切な意見を求めましょう。

-Uncategorized, 住宅ローンの相談
-, , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5