個人信用情報(CIC、JICC)

住宅ローンを検討中のあなたへ!必ず知っておきたい個人信用情報について

住宅ローンの検討に際して、まずは知っておきたい個人信用情報についてご説明します。
これが理解できていないと、住宅ローンに万一通らなかった場合に対策できなかったり、そもそもまだ住宅ローンに申し込むタイミング(通過の可能性が極めて低い)でないのに、申し込んでしまい、次回の住宅ローンの審査に悪影響があったりということが起こってしまいます。
普段の生活ではあまり気にすることがないところだと思いますので、この機会に理解を深めましょう。

・一言でいうと、クレジットカードや携帯電話料金などの借金の記録です。

借金というと抵抗があるかもしれませんが、クレジットカードなど、先に商品やサービスを受け取り、支払いが後日行われるものに関しては、すべて借金です。
こういったものの支払いが期日どおりに行われたのかどうかや、キャッシング等がある場合は、その返済の状況などがカード入会時からすべて記録されています。
金融機関がなぜ住宅ローンの審査をスムーズに行えるのかというと、この「信用情報」は実は、金融機関のほとんどが加入している、「個人信用情報機関」という機関が管理しており、その情報には金融機関がアクセスできるのです。それ故に過去の借金の返済状況や現在の借金額が即時にわかり、金融機関は住宅ローン貸し出し可否の判断が可能なのです。

・金融機関にとって、個人信用情報の開示は容易なため、借金などを隠すことはできません。

個人信用情報は、お伝えしたとおり、これまでの借金や返済の履歴がすべて記録されており、各金融機関はこちらを基に住宅ローンの審査を行っています。
つまり、住宅ローン審査の際に現在の借金額を記載する項目がありますが、こちらで通知しなかったからと言って、金融機関に借金の存在を知られずにいることができません。
むしろ、正直に通知しないと、金融機関を騙そうとしているという見方をされ、大幅に審査にマイナスになることも少なくありません。借金の額によっては、審査にマイナスに響くこともありますが、正直に記載しましょう。

・個人信用情報を扱っている機関は3つあり、ご自分でチェックが可能です。

それぞれ扱っている情報が異なるため、必要に応じて使い分けましょう。基本的にはCICで問題ないと思います。ウェブから開示請求ができ、料金も1000円程度と気軽に実行が可能です。
特徴と問い合わせ先は下記の通りです。
日本信用情報機関(JICC)
主な内容は、消費者金融、カードローンなどの利用履歴です。インターネット、郵送、窓口で開示請求が可能です。
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
クレジットカードや携帯電話の支払いの履歴を管理しています。インターネット、郵送、窓口から開示が可能です。
全国銀行個人信用センター
銀行や日本学生支援機構(奨学金)の支払い履歴です。郵送のみの対応となっております。利用する際は日程に余裕を持って行いましょう。

・個人信用情報に万一問題があった場合、どのくらいで回復する?

個人信用情報に2ヶ月以上の長期の支払いの遅れや保証会社による代位弁済などがあった場合は、俗に言うブラックリストとなり、住宅ローンの利用は基本的には難しくなります。ただ、永久に利用できない訳ではなく、一定期間が経過するとその記録が削除され、住宅ローンへの影響がなくなります。内容によりますが、最長でも5年程度で記録から抹消されるケースが多い様です。この期間に無理やり住宅ローンに申し込んだとしても、
審査は非常に厳しいものとなりますので、この期間は貯金や物件選びの基準検討などに注力するのが良いでしょう。

-個人信用情報(CIC、JICC)
-, , , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5