Uncategorized

住宅ローンの返済比率と借入れ上限

住宅ローンを借りる際によく考えることが必要な項目が返済比率と借り入れ上限です。

借り入れ上限は読んで字のごとく、借り入れられる限度の金額で、返済比率は一言でいうと、毎年の収入に対する住宅ローンの金額の割合です。

例を挙げますと、300万円の収入の方が年間返済が60万円の住宅ローンを組むと、300万円÷60万円=20%が返済負担率となります。この程度であれば住宅ローン審査にマイナスになることはあまりありませんが、返済負担率が30%前後となってくると、それが原因となり住宅ローン審査に通らない、といったケースも発生する可能性があります。当然ではありますが、毎年の出費は住宅ローン以外にもありますし、住宅購入後は、何かと出費が増えることが多いです。また、返済負担率の計算は、あくまでも税引前の額面で行っていることにも注意が必要です。

繰り返しになりますが、返済比率については理解しておかないと、あまりにリスクの高い返済計画の場合は住宅ローンが通りづらくなってしまうため、注意が必要です。

住宅ローンに通りやすい返済比率の目安について

具体的な返済比率の目安は下記の通りです。

・フラット35

年収400万円未満では30%以下、 400万円以上では35%以下

・その他の住宅ローン

年収400万円未満では25~35%以下、 400万円以上では35~40%以下

となっていますが、金融機関によって多少は基準が異なります。

審査金利と融資金利

住宅ローンには当然金利がありますので、その金利も加味して計算を行います。

この計算に使う金利を審査金利と呼びます。審査金利は一般的に融資金利よりも高めに設定されていることが多いです。

理由は単純で金利は変動するため、審査金利を低めに設定してしまった場合、実際の金利がそれよりも高くなり、返済が難しいというケースも発生する可能性があるためです。

なお、フラット35に関しては、固定金利という、金利の変動がない住宅ローンのため、審査金利も融資金利と同様になります。

審査金利は、

・フラット35以外

3~4%程度

・フラット35

1.5%程度

のケースが多いです。

おすすめの無理のない返済比率

返済比率に関しては、支払いの安定を考えると、20~25%程度に収めておくと安心でしょう。住宅ローンにおいて大事なポイントは借り入れができることではなく、長期にわたって返済ができることです。住宅購入後は、子育てなどで何かと費用がかかることが多いです。余裕を持った計画を立てましょう。

-Uncategorized

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5