Uncategorized 住宅ローンと保証料

住宅ローンの保証料って何?一括と分割どちらがお得?

住宅ローンの保証料。決して安くはない金額ですが、一体どんなものなのでしょうか。
今回の記事では、住宅ローンの保証料について、その支払の種類や内容、意味についてご説明いたします。

・住宅ローンの保証料はなぜ必要なのか

住宅ローンの保証料は、ずばり、債務者(あなた)が万一住宅ローンの支払いができなくなった場合に、保証会社が住宅ローンを金融機関に支払う契約のための手数料です。
つまり、実際にそういったケースになろうとなるまいと、保証料はその借金返済を立て替えてもらうスキームのために必要なお金です。
基本的には金融機関は保証料を求めてきますが、中には保証料が無料の金融機関もあります。

・保証料が無料なケースはどんな時

金融機関が保証料を求めてこない場合は、事務手数料というローン契約手数料が保証料の支払いがある場合に比べて高額だったり、フラット35など保証料もなく、事務手数料も安い場合はそもそもの金利が高くなっているケースが多い。

・保証料が無料か有料どちらが得か

結論から申し上げますと、ケースバイケースです。上述した様に、結局保証料の有無に関わらず、総額だと住宅ローンの手数料(保証料、事務手数料など)は同水準なケースがほとんどです。つまり、保証料の有無だけにとらわれずに、
金利や各種手数料などを総合的に鑑みて判断が必要です。目先の保証料の支払いがないからと言って即決してしまうと、結局金利が高く、トータルで支払う額はむしろ多くなってしまうこともあります。

・保証料の不要な住宅ローン(金融機関)の特徴

基本的には審査のハードルが高くなっており、例えば年収の下限ラインが保証料を求める場合よりも高くなっていたり、勤続年数なども通常より長い期間を求められる場合などがあります。

・住宅ローン保証料の支払い方法は、一括外枠方式と分割内枠方式がある

一括外枠方式は、保証料全額を住宅ローン契約時に一括で支払う方法。住宅ローンの前払金として支払うことになります。保証料は住宅ローンの返済期間や金利によって異なります。
分割内枠方式は、住宅ローンの返済金利に0.2%を上乗せするケースが多いです。住宅ローン借入時の支出は抑えられるものの、毎月の支払額は増えてしまいます。

・保証料の支払いは一括か分割、どちらがお得か

基本的には一括の方がお得です。例えば、借り入れが3000万円の場合、1000万円あたりの保証料が20万円とすると、一括の場合は60万円の保証料となりますが、これを分割にすると毎月の返済額が0.2%増え、35年後の総支払額で見ると、50万円近くの差額が発生します。ただ、これはあくまでも35年の借り入れの場合で、10年など、短期で返済が可能な場合は、金利が増えても支払い期間が短いため、支払い方法による金額のインパクトは相応に少なくなります。

・住宅ローンの保証料についてまとめ

保証料とは、万一の際に住宅ローンの支払いを保証会社に立て替えてもらうためのものです。基本的に保証会社の加入は必須で、無料と有料の場合がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、一概にどちらがお得かは判断できません。支払い方法に関しても分割、一括とあり、基本的には、一括が支払う金額は低くなりますが、住宅ローンの契約期間によって支払い方法における節約インパクトは変わります。一概には言えないものの、初期投資として一括で支払った方が金利を低くできたりするため、長期契約の住宅ローンにおいては得になる場合が多く見られます。目先の金額にとらわれず、トータルの支払いで判断をしましょう。

-Uncategorized, 住宅ローンと保証料
-, , , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5