Uncategorized 住宅ローンと借金

住宅ローンで借金はバレる?

住宅ローンを検討しているものの、借金がバレてしまうのはちょっと、、というあなたへ住宅ローンで借金はバレるのか、また、そもそも住宅ローンは借金があっても借りられるか、などご説明いたします。

・住宅ローンの審査で借金はバレます

結論から言うと、住宅ローン審査で借金はバレます。なぜならば、住宅ローンの審査の重要項目に現在の借金額やこれまでの借り入れの履歴を金融機関に確認されるためです。
また、借金というイメージが希薄かも知れませんが、奨学金や携帯電話の割賦払いなども借金という扱いとなります。

・どうやって住宅ローン審査時に借金がバレるのか

住宅ローン審査で借金がバレることに疑問がある方もいらっしゃるかも知れません。理屈をご説明しますと、金融機関は住宅ローンの申し込みがあった際に、「個人信用情報」という上記でご説明した借金のデータを参照します。
これは信用情報機関という、カード会社や銀行などが加盟している組織が提供しており、住宅ローンの申込者の同意(申し込む際は必須)があれば簡単に参照が可能です。
こちらにいついくらをどこから借り入れたか、現在の借金はいくらか、支払いに遅滞はないか、などをチェックすることができるのです。

・住宅ローン審査時に借金を自己申告しなければバレないのか

こちらも結論から申し上げますと、残念ながらバレてしまいます。事前審査時に申告欄がある現在の借金額ですが、こちらに記載せずとも上記の「個人信用情報」の参照でバレてしまうのです。
また、万一借金があるのに申告せず、それが発覚した場合は金融機関の心象が非常に悪くなってしまうため、正直に申告しましょう。

・一方でバレない借金や支払いの遅滞もあります

基本的に住宅ローンの申し込み時に借金や支払い遅滞はバレてしまうものですが、一方で一部の借金は金融機関似バレることはありません。
具体的には、知人や友人など金融機関を通していない借金や、公共料金などの支払い遅滞です。これらに関しては、「信用情報機関」が扱う情報外となりますので、バレることはありません。
また、年金の未納も同様に記録が残らないため、バレません。

・配偶者の借金は住宅ローンでバレる?

住宅ローンに関しては、申込み時に配偶者についても申告をします。それでは配偶者の借金に関しても金融機関に知られてしまうのでしょうか?答えはNOです。配偶者の有無について申告はするものの、金融機関は配偶者の「個人信用情報」については確認をしません。というよりは、確認ができません。なぜならば個人信用情報は個人情報に該当するため、本人の同意がないと調べることができないためです。住宅ローン申込者の住宅ローンがバレてしまうのは、本人の同意があるからと言えます。

・住宅ローンで借金はバレてしまうのか結論

住宅ローンを申し込むと金融機関を通した借金(カードローンや奨学金)などは、個人信用情報の参照により、バレてしまいます。一方で、公共料金の遅滞や年金の未納などはバレることはありません。また、申込者ではない配偶者の借金は個人信用情報へのアクセスへ同意をすることがないため、バレることはありません。

-Uncategorized, 住宅ローンと借金
-, , , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5