ブラックや借金でも住宅ローン 住宅ローンと借金

住宅ローンが通らない。借金があっても借りられる?

借金があっても住宅ローンは借りられる?


結論から言うと借金があっても住宅ローンは借りられます。
ただ、住宅ローンを借り入れする際には、各金融機関の住宅ローン仮審査(事前審査)が必要になります。
その際に、現在の借金額・借入先・借入目的など細かく記載が必要で、個人事業者ではなくサラリーマンの方でもマイカーローン・教育ローン・フリーローン・おまとめローン・クレジットカードのキャッシングなどの借金があると住宅ローンの審査に通らないのではないかと不安な方は多いでしょう。
しかし、借金があっても住宅ローンを借りることは可能です。むしろ、だからこそ詳細に借金の有無だけではなく、借金がいくらか、どこから借りているのか、などを記載するのです。
各金融機関は、上記を鑑みた上で貸し付けが可能なのか、また、貸し付けが可能な場合、いくら貸すことができるのかを判断しています。
これにより、全く貸すことができない場合は、否決になり、借入希望額よりも少ない額しか借りることができない場合は、「減額承認」となります。

また、金融機関によっても審査基準は異なるため、一社で落ちてしまったり満額融資が受けられないからと言ってその他もすべて同じ結果になるとは限りません。
万一住宅ローン審査に落ちてしまった場合は、詳細な理由までは残念ながら明かされませんが、一つずつ順を追って確認することで必ず明確にすることができます。
当ブログでもその方法を記載しておりますので、ご確認ください。

借金がある場合の住宅ローン注意点

・返済負担率に注意

借金があっても住宅ローンを返済する余力があればもちろん住宅ローンは借りられます。具体的には、すべての借金(住宅ローン含む)を総合して、毎月の収入の3-4割程度に収まる範囲とならないといけません。例えば、月に30万円の収入があれば、住宅ローンやカードローンなどを含め、10万円前後の支払いとならないワケです。ただ、ご存じの通り、住居費用は収入の2-3割程度としている方が多いと思いますので、結果としてその他ローンなどがあると支払いが厳しくなり、住宅ローンが借りにくくなる。というわけです。

・借りている目的に注意

金融機関は住宅ローン審査の際、借金の有無の他に、何のために借りているのか、ということを非常に重視します。これは、借金の理由を確認することにより、債務者の借金への姿勢を知るためです。具体的には、マイカーローンや教育ローンなどであれば印象に悪影響を与えることは少ないですが、使途不明な多額のキャッシングや、消費者金融からの借り入れなどがあると住宅ローン審査の際に悪影響を与えます。借金を安易にしてしまったり、支払い余力を超えて借り入れる人(消費者金融は金利が高いので、金利が高くても借りる必要があると見られる)だという見方をされてしまうからです。

・借金は問題ないが、未納金は絶対にNG

税金などの支払わなければならないものを滞納している場合、住宅ローンは絶対に組めません。これはカードなどの支払いを延滞している場合も同様です。日本において最も支払いを優先されるのが税金であり、その延滞があると支払うお金ができた場合に真っ先にその回収に充てられてしまいます。そのため、金融機関が万一税金を滞納している人に融資してしまった場合、回収できずに貸し倒れリスクが一気に高まります。また、そもそものところで、税金の様に必ず支払わなければならない最低限のものを支払えない(支払わない)人は信用情報が相当低くなってしまい、貸し倒れリスク云々の前に貸し出せる可能性がなくなります。

借金の強い味方、おまとめローン。住宅ローンも使用できるの?

一般的なおまとめローンは、残念ながら基本的には住宅ローンは使えないと考えた方がよいでしょう。理由としては、住宅ローンはあくまでも住宅専用の有担保ローンで、おまとめローンはその他にも使用できる無担保ローンという点が挙げられます。つまり、金融機関側から見ると、住宅ローンは何かしらの理由により、債務者がローンを返せなくなってしまった場合に、その住宅を売ることで債権回収がしやすいため、低金利で貸し出せている背景があります。そのため、無担保で住宅ローンに比べると貸し倒れのリスクが高いおまとめローンには適用できないのです。ただ、不動産会社が便宜上おまとめローンとして呼んでいるものは、金融機関のそれとは違い、住宅ローンを通すノウハウとしての商材のことが多く、相談してみる価値があるものもあります。

そもそも審査で借金を隠せば金融機関にばれない?

結論から言うと、借金の存在は金融機関に必ず知られます。
理由は簡単で各金融機関は、金融機関各社やクレジットカード会社からなる、個人信用情報機関というものに必ず所属しており、そこでクレジットカードの分割払いや各種税金の支払い状況などを管理、参照しています。つまり、金融機関に申告書などで通知せずとも、実は金融機関は借金の情報は簡単に取得することができます。あくまで申告書などで自己申告させるのは申込者の誠実性や借金に対する姿勢を見ているまでなのです。

借金がある場合の住宅ローンまとめ

結論、借金があっても住宅ローンは借りられます。ただ、借入先や借入額によってはその限りではありません。つまり、借金そのものが住宅ローンへの道を閉ざすわけではありませんが、それがきっかけで住宅ローン審査通過が難しくなることは往々にしてあります。また、仮に住宅ローンが他に借金がある状態で借りられたとしても、返済負担率という、収入における借金の割合を元に住宅ローンの額は決まるため、満足のいく額を借りられる可能性が低くなります。こちらのおすすめとしては、住宅ローンを借りる前に、多少無理をしてでもその他の借金を返してほしいです。理由はシンプルで、上記に加え、住宅ローンは最も低金利な借金の一つであるため、その他のローンを先に返し、住宅ローンへ一本化することが今後の金銭的な豊かさを手に入れるための第一歩だからです。住宅購入や住宅ローンは、あくまでも金銭的、物質的な豊かな生活を手に入れるためのスタートに過ぎませんので、長期的な視点で住宅ローンを借り入れましょう。

-ブラックや借金でも住宅ローン, 住宅ローンと借金
-, , , ,

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5