総量規制と信用情報 | 銀行カードローンの審査と申込み

 

総量規制と信用情報

貸金業法の総量規制では、複数の貸金業者からの借り入れ額が、年収の3分の1を越えないように、
個人の借り入れ状況を調査することを義務付けています。


利用者の多重債務などが原因で、融資したお金を回収できなくて倒産する金融業者も多かったため、
返済事故を起こした利用者の情報を共有するために信用情報機関が設立されました。
信用情報には、クレジットカードや消費者金融の借り入れ状況や返済状況などが含まれています。
また、長期間返済が滞ると、返済事故として記録されます。


信用情報機関には、
・銀行が加入する全日本銀行個人情報センター
・クレジット会社や信販会社が加入する株式会社シー・ビー・シー
・消費者金業者や商工ローン会社が加入する株式会社日本信用情報機構
などがあります。


信用情報は、本人であれば個人でも情報の開示を請求することができますので、気になる人は調べてみては如何でしょう。

 

目的別で探す

銀行系カードローンランキング 低金利カードローンランキング 消費者金融系カードローンランキング
おまとめローンランキング 即日融資カードローンランキング 短期無利息カードローンランキング
注目のカードローン
楽天銀行 スーパーローン
上限金利も下がって
ますます利用しやすい!
入会金・年会費 永久無料
カードローン一括一覧比較表
カードローン比較表
人気ランキング
楽天
オリックス銀行カードローン
モビット
アコム
プロミス
目的別ランキング
用途で探す
日本政策金融公庫と低金利
日本政策金融公庫について
低金利ローンと比較
まとめ
リンク集
基本メニュー