住宅ローンと奨学金

住宅ローンが通らない。奨学金が原因かも?

奨学金と住宅ローンの関連性についてご説明します。

奨学金の返済中でもローンは組める?
奨学金の返済中でも住宅ローンは当然組めます。その理由としては、住宅ローンにおいて重視されるのは借金があるかどうかではなく、借金をしっかり返せるかどうか、ということだからです。つまり奨学金を借りている事実は問題ではなく、しっかり延滞せずに返済してきているかが焦点となります。これは奨学金だけではなく、クレジットカードの分割払いや携帯代金の分割払いなど、その他の借り入れ金にも言えます。

奨学金が住宅ローン審査に与える影響
奨学金の返済中でも住宅ローンを検討される方は多いと思います。
・住宅ローンは返済中でも借りられるのか
奨学金があるからといって、住宅ローンが通らないということはありません。ただ、奨学金の返済分は返済余力から差っ引かれてしまうため、借りられる住宅ローンの金額は低くならざるを得ません。融資の際に最も重要視されるのは、返済が定期的に遅滞なくできるかどうかなので、奨学金の有無に関わらず、住宅ローンを含めた月々の金額が収入と大きく乖離していなければ問題ないと言えます。
・利用歴は住宅ローンに影響するのか
利用歴自体は全く問題ありません。ただ、例外としては、これまで奨学金の返済に遅滞があった場合です。その場合は、住宅ローンの審査時に金融機関が参照する個人信用情報に遅滞の履歴が残ってしまうため、住宅ローンの審査に影響すると言わざるを得ません。信用情報、個人信用情報機関について詳しくは下記記事にてご説明しています。住宅ローンの審査をお考えの方には非常に大切な部分なので、目を通していただけるとよいかと思います。

奨学金の種類
いずれも学士課程・学部学生か大学院生かで借りられる金額が異なります。
・第一種奨学金
無利子の奨学金。特に成績優秀な生徒に限って支給がされる。非常に審査は厳しく、希望したからといって誰でも借りられるものではない。返還方式として、定額返還方式か所得連動返還方式を選択できる。貸与額は、自宅通学か自宅外通学かで選択できる金額が異なり、自宅通学は、20,000円(注1)、30,000円、45,000円から選択、自宅外通学は、20,000円、30,000円、40,000円、51,000円から選択が可能。
・第二種奨学金
1年あたり3%を上限として借りられる奨学金。在学中は無利息。貸与額は2万円~12万円(1万円単位)から選択ができます。
・入学時特別増額貸与奨学金(利息付)
日本政策金融公庫の「国の教育ローン」に申し込んだが、利用できなかった学生や世帯を対象とする奨学金。第一種奨学金(無利息)または第二種奨学金(利息付)に加えて、入学した月の分の奨学金の月額に一時金として増額して貸与する。こちらも有利子だが、貸与額は5種類から選択が可能。

奨学金利用者の現状
近年は、大学の進学者における奨学金受給者割合が増加傾向です。独立行政法人日本学生支援機構「平成30年度学生生活調査結果」によると、2018年度における大学昼間部に通う人における奨学金受給者の割合は47.5%と同指標の平成28年度の48.9%と比較すると減少傾向となっているものの依然として、約半数の大学生が利用しており、非常に身近な制度と言えるでしょう。その身近さもあってか、延滞者は全体の2割程度いることからうっかりしてしまって、延滞となっている可能性は低くない。もし不安であれば信用情報機関から情報を取り寄せましょう。
信用情報機関については下記記事をご覧ください。

奨学金は住宅ローン申し込み時に申告しなくても問題ない?
そんなことはありません。金融機関はどんな機関であれ、信用情報機関というローンや借入金の履歴がわかる組織に所属しており、いかなる履歴も見ることが可能です。奨学金も言わば借金のため、こちらに履歴が残っており、仮に事前審査に申告なしで通ったとしても本審査では信用情報は必ず確認がされますので、間違いのない様にあらかじめ申告しましょう。(ローンに万一落ちてしまうと、その後のほかの金融機関のローン審査も厳しくなる可能性があります)

奨学金が住宅ローンに影響しないケースとは?
・奨学金の返済履歴に遅延がない
奨学金は借金ですが、消費者金融などからの借り入れと違い、返済していれば借り入れ自体は問題ありません。
・奨学金を借り入れたのが2008年以前
実は奨学金を貸し出している日本学生支援機構などは2008年以降に信用情報機関に加入したケースが多いため、そういった場合では金融機関が参照する個人信用情報には履歴が残っていない場合があります。だからといって、延滞をして問題がないことは当然ありませんので、あくまで参考として捉えてください。
・奨学金と住宅ローンを合わせても返済負担率に無理がない
奨学金は借金ですので、その他のクレジットカード分割払いなどと同じく、住宅ローンを借り入れる際には、奨学金と住宅ローンを合わせた額を返済負担率として計算します。住宅ローン審査における返済負担率は30%~35%とされていますので、その比率を超えてしまう様では住宅ローンの審査に影響が出てしまう可能性があります。

奨学金も踏まえた返済負担率
返済負担率は20%程度に抑えるのがおすすめです。理由としては、これを超えてしまうと病気や事故などのリスクや趣味や娯楽といったものを楽しむ余裕がなくなってしまい、何のために家を買ったのがわからんくなってしまうからです。

住宅ローンの連帯保証人と奨学金
これまでお話ししてきた様に、住宅ローンの審査において、奨学金を借りた事実自体はさほど問題にならないと述べてきました。問題ならないとは言え、影響があるのは確かで、それは連帯保証人の奥様などにも同じことが言えます。もし連帯保証人を立てて住宅ローンを組む場合、万一連帯保証人に奨学金の遅滞などがあった場合は、住宅ローンに当然影響しますので、留意しましょう。連帯保証人はローンの金額を引き上げられるリターンを得られることもありますが、相応のリスクもあるということです。

-住宅ローンと奨学金

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5