Uncategorized

住宅ローンの保証会社(保証料)とは?どこよりもわかりやすい。

住宅ローン契約の際に求められやすい保証会社。いったいどんな仕組みなのでしょうか。簡単にご紹介します。

住宅ローンの保証会社とは?
保証会社とは、住宅ローンを債務者が支払えなくなった場合に、債務者の代わりにローンを支払ってくれる会社です。ただ、当たり前ですが、一時的に立て替えを行うのみですので、債務者の返済義務は金融機関から保証会社に変更になるだけで、継続します。これまでは、連帯保証人を立てて住宅ローンを契約するケースが多かったのですが、高額なこともあり、用意できないケースが増え、保証料を1000万円あたり20万円程度支払うことで保証会社を立てるのが一般的です。

保証会社は住宅ローン契約に必須?
金融機関によっては、保証会社(保証料)が求められず、金融機関が貸し倒れのリスクを負うケースもあります。ネット銀行などに多く、保証料が不要であれば初期費用や月々の支払いを抑えられるので、探してみるのもよいと思います。

保証料はどの様に決まる
借り入れ額は住宅ローン利用者の属性、借入額、返済期間によって決まりますが、大体、借入額の2%程度(1000万円だと20万円)になる場合が多いです。保証料の支払方法は、借り入れ時に一括で支払う場合と、金利に上乗せして分割で支払う場合があります。

審査基準
保証会社の審査も基本的には住宅ローンと同じです。というよりは、貸し倒れのリスクは実質的には保証会社が負うことになるため、審査に関しても保証会社が実質的には行っています。
審査基準に関しては、下記記事が詳しいです。
[st-card id=23

保証会社(保証金)が不要な住宅ローン
ネット銀行系は保証会社が不要なケースは多いです。その代わり、事務手数料を多めに(住宅ローン借入額×2.2%程度)が徴収されます。ちなみにこちらの事務手数料は保証料と異なり、繰上返済をしても返金されません。例を挙げると下記の金融機関などが該当します。
・住宅金融支援機構【フラット35】
・住信SBIネット銀行
・新生銀行
・ソニー銀行
・イオン銀行
・じぶん銀行
・楽天銀行  
など

保証料の支払い方法
2つあり、一括で支払う方法と、分割で支払う方法があります。一括は別名、外枠方式などと呼ばれ、借入額の2%程度を借入時に現金一括で支払う方法です。
分割は、内枠方式、などと呼ばれ、借入金利の0.2%程度の金利を上乗せして住宅ローン契約をします。手元に現金を多く残したい場合などに有効です。

-Uncategorized

© 2021 借金やブラック、頭金なしなど、住宅ローンのお悩みは住宅ローン相談所 Powered by AFFINGER5